2013年10月アーカイブ

最近予想もしないことが色々と起こっています。
 
 
ヨーロッパにいるのに、11月近くなっても日中は半袖・半ズボンで過ごしています。
 
 
先週末には海に入っている人もいました!
 
 
温暖化が進んでいるのでしょうか?
 
 
 
 
そして約一ヶ月前に、僕の部屋だけ10日間電気、ガスが全く使えなくなるという
 
 
ことが起こりました。
 
 
当然、料理はできないし、シャワーは冷水です!
 
 
ですが、幸いといっていいのかはわかりませんが、温暖化の影響(?)で暖か
 
 
かったこともあり、シャワーが冷水でもなんとかなりました。
 
 
原因は僕の前に住んでいた人が半年間電気、ガスの料金を払っていなかったか
 
 
らでした。
 
 
他人の原因で電気、ガスが使えなくなることもありえないですが、それよりも10日間
 
 
も止まったままっていうのは酷すぎますね。
 
 
でも、このくらいのハプニングでは動揺しないです。むしろ持ちネタがひとつ増えた
 
 
なって思ったぐらいです!笑
 
 
現地の人にこの話をすると、必ず大爆笑され、「そんな話今まで聞いた事ないぞ」って
 
 
言われます。
 
 
そしてこの間、この話をして友達が2人増えました!笑
 
 
海外で生活していると色々なことが起こりストレスが溜りがちです。
 
 
でも、こういったストレスをいかに溜めずに発散していくかというのも海外生活を送る
 
 
うえで非常に大切な要素になると思います。
 
 
 
 
 
 
 
タイトルと違う話が少し長くなってしまいましたが、ここから前回の続きの
 
 
ネイティブと1日約100円でできる語学学習の方法の「実践編」にいきたいと思い
 
 
ます。
 
 
前回、語学を習得する上で高いモチベーションをいかに保てるかが重要だといいま
 
 
した。
 
 
当然のように、現地の友達をすぐに作れる人や、彼女・彼氏をすぐに見つけられる
 
 
人はその人と毎日一緒に話していれば自然と語学が身につくので問題はそれぼど
 
 
ないと思います。
 
  
でも、そうではない人もいると思います。
 
 
「話したいけど、海外の人といきなり話すのは怖いな」とか、
 
 
「いきなりナンパするのは恥ずかしくてできないな」
 
 
などと思っている人もたくさんいると思います。
 
 
 
 
そんな時に使える実践方法のひとつが、
 
 
 
 
 
「カフェで店員さんに話しかけ、質問することです」
 
 
 
 
 
え?って思うかもしれないですが、これはとてもメリットが多くいい方法だと
 
 
思います。
 
 
まず、コーヒー1杯(約100円)で何時間でもいることができます。
 
 
そして、海外のカフェの店員さんは接客しながらお客さんとよくしゃべるし、よく
 
 
見ると結構暇にしている店員さんは多いです。
 
 
また、この店員さんを通じて他の店員さんや他のお客さんと仲良くなることも結構
 
 
あります。
 
 
後は、自分のタイプの愛想のいい店員さんをみつけて話しかければ、モチベーション
 
 
を高く保ち語学学習ができると思います!!w
 
 
カフェは接客業なので基本的にしゃべることが好きな店員さんが多いと思います。
 
 
 
 
そして、
 
 
僕の場合は、カフェで覚えたフレーズなどを試すために、朝の市場に行って
 
 
覚えた言葉を使い買い物をしたり、思い切って値切ってみたりしています!
 
 
 
DSC02737.JPG 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
海外で語学学習に困っていて、何からすればいいのか全くかわからない方は
 
 
是非一度試してみてください☆
 
 
 
今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!
 
 
もし、「もう、これでいいか」というように少しでも妥協してしまったら、
 
 
必ず後悔するし、そのシワ寄せは必ず後からくる。
 
 
だから、今は自分にとって最善の方法や道を選ぶべきだと思う。
 
 
それがどんなに険しく、辛い道だとしても前を見て進み続けるしかない。
 
 
自分が目指しているもののために。
 
 
これはスポーツ選手だけでなく、会社で働いている人、家族のために働いて
 
 
いる人など今頑張っているすべての人にいえるのではないかと思う。
 
 
チャレンジし、その瞬間はそれが失敗になったとしても、そこから学んで次に
 
 
つなげることができれば、その後は失敗が失敗でなくなる。
 
 
つまり、その瞬間は失敗だと思っていたことが成功するための
 
 
ひとつの要素に変わる。
 
 
以前は失敗することが本当に怖かった。失敗すれば自信を失うし、
 
 
すごい落ち込む。
 
 
でも今は失敗することよりも何もせずに後悔する事のほうが嫌だし、怖い。
 
 
だから、僕は何かを決断するとき「本当にそれでいいの?ほかにもっといい方法
 
 
があるんじゃないのか?後悔しないか?」と自分に問いかけるようにしています。
 
 
 
 
 
タイトルと全く関係のないことから書いてしまいましたが、これを読んで
 
 
少しでも何かを感じ、また明日から頑張るきっかけになったら幸いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは、ここから前回の続きで、学習の方法・実践編です。
 
 
 
最初に海外で言葉を覚えるときに大切になってくるのが、「動機」だと思います。
 
 
言葉はすぐに身につくものではないので、動機や目的がはっきりしないと
 
 
語学学習は長続きしません。
 
 
「なぜ」その言葉を覚えたいのか。
 
 
なので、まずは「動機」を明確にすることが大切です。
 
 
たとえば、「コーチや監督とコミュニケーションをより深めたい」 
 
 
「現地の友達がほしい」 「金髪の彼女がほしい」 「イケメンの彼氏がほしい」
 
 
などなど、色々とあると思います。
 
 
要するに、高いモチベーションを常に保てる「動機・目的」を見つけれ
 
 
ばいいのです。
 
 
ちなみに、僕の動機は、、「コーチや監督とコミュニケーションをより深めたい」 
 
 
「現地の友達がほしい」 「金髪の彼女がほしい」 です!!
 
 
特に3つ目がモチベーションをより高く保ってくれているのかもしれないです。笑
 
 
 
 
 
今回で完結するつもりだったのですが、なんか中途半端に長くなりそうなので
 
 
具体的な実践編は次回にしたいと思います。
 
 
 
 
最後まで読んでくれてありがとうございました☆